スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法50倍突破体験談(ブログ第180番 469クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したN.Y.氏(28歳。男性。初速560→最高31500字。56.3倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の独自な訓練の成果によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<50倍速読突破体験談>
 速読初級クラスを受講してかなり早い段階で夢が変化しました。具体的には内容が鮮明になり、記憶の時間も長くなりました。潜在意識が活発になったのだと思います。

【前回からの夢変化】内容に大きな変化はないが、記憶している時間が長くなった。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】大きな目で物をとらえるようになってきた。
【SRSを日常生活・仕事でどう役立てたか】法律書を読む時などまずは全体をとらえるようになった。資格試験の勉強に役立てている。
【指回し体操】最初は3指、4指が全く動かなかった。歩いている時は常に3指4指を中心に指回し体操をしたらかなりスムーズに回るようになった。
【夢変化総括】速読初級クラスを受講してかなり早い段階で夢が変化した。具体的には内容が鮮明になり記憶の時間も長くなった。
【四肢末梢運動体験】日頃あまり使わないから意識的に訓練しなければいけないと思う。
【共鳴・暗合現象体験】日常生活を送る中で小さな偶然の一致は訓練をはじめてから増えたと思う。
【閉眼視野の変化】10A0B0C 感覚派:目を閉じていると模様のようなものが見えて手などを動かすと模様が大きくなったり消えたりする。
【イメージ感覚訓練の体験】手で音を感じたり、光のボールが体に当たった時に当たった感じがするなどイメージでも体が反応するのは面白いと思う。
【イメージの能力の変化】訓練を最初にやった時はイメージが途中で消えてしまったり、具体的なイメージではないことが多かった。今はイメージがかなりリアルになってきた。
【体調・元気度変化】元気度は確実に上がった。やはり指回し体操などの訓練によるところが大きいと思う。
【5分間指回し】目を閉じて指回しをしていると模様や色がかなり変化していた。色の種類も豊富だった。
【観色度変化】最初は色がつかないものもあったが訓練を重ねるとほとんど色がつき色の種類も増えた
【閉眼手動変化】目を閉じているのに自分の手が動いているのが見えるような気がする。目の前に見える模様も手を動かすと動いたり消えたりする。
【感情・情緒・性格変化】日常生活において多くの有益な情報を取り入れようと積極的になった。
【日常生活・行動の変化】速読の訓練をするようになって時間の感覚が変化してきたと思う。1分間というのは今まで思っていたよりも長いことを知った。
【呼吸法体験】呼吸法の訓練をやると心が落ちつく。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第469クラスの平均値は、速読の平均は、初速は703字/分で、最終日(10日目)の最後は25625字/分でした。倍率の平均値は37.7倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。