スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法10倍突破体験談(ブログ第215番 425クラス)

■以下は、京王プラザホテルでの栗田式SRS速読法の一泊2日間の講習を受講したS.T.氏(28歳。女性。初速550→最高10080字。18.3倍速読達成)の体験談です(2003年11月)。感想を書く時間がわずかしか与えられませんので、一泊講習の感想文は短いものとなっています。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の独自な訓練の成果によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<10倍速読突破体験談>
 期待と不安の中で参加した。素質のない例が自分にほとんどあてはまり、不安がふくらんでいった。あらゆる数値が目を見張るような伸びをしてくれずかなりあせった。
 先生の言っていることを勘違いしていたわけではないと思うが、自分の中の堤防が高すぎてなかなか前に進めていなかった。
 1日目の終わりに少し見えてきたような気がして気が楽になった(2日目に5kg違った左右の握力が同じになって、まず驚いた)[スタッフ注:SRSのクラスでは運動系の変動を見るために握力も測定しています]。
 眼力がもともとかなり低いのがわかって、そこから始めねばと思った。いかに今まで周りを見ていなかったか反省。
 肩こり、首こりが軽くなり、参加前のあの重く、いやな首・肩のこった感じはなくなった。すごいことです!
 途中で、数値があまり伸びてなくても、見え方に違いが出てきたことに気付いた。
 がんこな「大阪の社長」、「高い堤防」から少しずつでも「光の社長」、「低い堤防」になるよう今後も続けていきたいと思った[スタッフ注:ここで用いられている言葉は、いずれも講義中に指導されるSRSの特殊な概念です。詳細は講義で学んでください]。
 光の回路や辞書は今後の進歩に期待されますが、自分の中では何かが変化したと感じていますので、それがうれしいです。理解度は上がっているので、それをはげみにします。
 最後の方で、自分としてはうれしいというか、楽しい気持になった。
 先生のおっしゃっていたスピードを上げないと理解力も上がらないというのがよく分かった。
 明日からこの2日間で学んだことを1つ1つクリアーにしていくようがんばろうと思う。2日間の講義スピードについていきながら、帰りたいと思う気持ちが消えたのだから今後もがんばれると思う。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第425クラスの平均値は、速読の平均は、初速は733字/分で、2日目の最後は12867字/分でした。倍率の平均値は28.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。