スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第217番 425クラス)

■以下は、京王プラザホテルでの栗田式SRS速読法の一泊2日間の講習を受講したN.K.氏(30歳。男性。初速770→最高20100字。26.1倍速読達成)の体験談です(2003年11月)。感想を書く時間がわずかしか与えられませんので、一泊講習の感想文は短いものとなっています。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の独自な訓練の成果によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<20倍速読突破体験談>
 受講中に驚いたことがいくつかあります。まず、最初の迷路テストでどこへいったらいいかわからなくなってしまい、立ち止まっていたのが、「視野を広く」「全体をとらえる」というアドバイスに従ったところ、3回目には初回の約二倍になったことです。
 それを見て、「これは、私でも大丈夫。速読できる可能性がある」と確信が持て、そのあとは、わりとスムーズに一つ一つの課題をこなしていけた気がします。
 それから、体調の変化にも驚きました。実はこの一週間、仕事が非常に忙しく、すい眠時間がいつもより大幅に少なかったこともあり、頭痛、目の疲れがひどく、長時間の講義に耐えられるか心配だったのですが、1日目の講義が終わるころには頭痛もほとんどなくなり、目の疲れも半減しました。
 2日目の午後には、頭痛・目の疲れもまったくなくなり、逆に普段より、調子がよくなった感じがします。
 講義で印象的だったのは、「一行読みよりも二行・三行読みのほうが、目に負担がない」ということです。はじめは半信半疑だったのですが、三行読みをしばらくつづけたあとに2千字、3千字読みの理解力をはかる段階で、実際に自分が、一行読みを苦痛に思っていて、二行、三行読みをしているのに気付いて、納得したのと同時に不思議な気がしました。
 速読のスピードは、初速の20倍超と自分の目標を大幅に超せとてもうれしいです。理解力はこれからさらに訓練したい思っていますが、数千字レベルのスピードでは理解できる感覚が80-60%ぐらいあり、従来の普通の読書より理解度が高くなっており、これからが楽しみです。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第425クラスの平均値は、速読の平均は、初速は733字/分で、2日目の最後は12867字/分でした。倍率の平均値は28.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。