スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第245番 454クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したT.A.氏(30歳。男性。初速990→最高46400字。46.9倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<20倍速読突破体験談>
 以前から速読には興味を持っていたのですが、「本当に自分にもできるのだろうか?」という感情的な疑問に行く手を阻まれて、ずっと最初の一歩を踏み出せずにいました。しかし、資格取得のためにもどうせやるなら早い方が良いと思い、SRSの受講を決意しました。
 実際に栗田先生の講義を受けて、またSRSの訓練を通して思いもしなかった程の変化が自分の中で起きました。
 読書速度は初日の講習で2倍近くまで上がりました。教室からの帰り道では、今まで気にも止めなかったいつもの景色から様々な発見をして驚きました。
 身の周りの植物や自然に対して関心を持ち、日常の風景からたくさんの喜びを拾えるようになって、歩くことが大好きになりました。
 同様に自分自身に起きる様々な変化にも気がつくようになりました。
 夢は暗い内容のものが減り、明るく楽しいものが増えました。
 最初は苦痛に感じていた指回しも徐々に上達し、今ではむしろやらずにはいられないくらい快感になりました。指回しをすると心がとても落ちつき、集中力がぐんぐん上がっていくのがわかります。
 皮膚感覚も鋭くなり、咄嗟の勘が以前より働くようになりました。
 姿勢が良くなり、気持ちも前向きになりました。
 思えば今までは無意識の内に萎縮適応をしていたのかもしれません。ステップ7の講義でそこを指摘され、ハッとしました。
 SRSで教わったことには一切ムダな部分がなく、毎回4時間半の講義時間がアッという間に過ぎ、いつも帰り道は知的な昂奮に包まれて幸せな気持ちで満たされていました。読書速度は最高で46,400字まで到達できました。自分でもここまで行くとは最初は思いませんでした。
 そしてそれと同じくらい嬉しいことは、自分の心の在り処がなんとなくわかったことです。そこはどこまで行っても果てしない無限の広がりを持った場所でした。そこはどんな大きなものもしまえるし、何でも具現化でき、光のような速さで移動することもできました。
 さらに知性とは何か。自分にとっての幸福とは何か、ということもSRSを受講してわかりました。SRSでの体験がこのような素晴しいものになったのも、毎回面白く、為になる講義をしてくれた栗田先生と、サポートしてくださったスタッフの方々、教室で共に学び共鳴しあったクラスの皆さん、僕のスコア自慢を辛抱強く聞いてくれた家族など、多くの人達のおかげだと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
 これからも訓練をつづけ、速度、密度、理解度を上げていきたいです。

【前回からの夢変化】暗い夢や不吉な夢が減り、明るく楽しい夢が増えました。
【指回し体操】指回しをすると、とても気持ちが落ちつき、集中力もぐんぐんと上がる。最初の頃は中指、薬指が今のように回せるようになるとは思えなかった。その分、回せるようになったことで達成感を味わうことも出来た。これからもずっと続けていきたい。もっと上手に出来るように。
【夢変化総括】以前は暗い内容や不吉な夢を見ることが多く、明るい内容の夢を見ることはまれだった。最近は不吉な夢はほとんど見ない。明るく、楽しい内容の夢が多くなり、色彩もあざやかになった。
【睡眠変化】若干、短かくなった。睡眠時間が短かくても昼間さほど眠くならなくなった。
【十二脳神経刺激法体験】十二脳神経訓練をやると、とてもすっきりする。体の機能をまんべんなくリフレッシュさせたようなそう快感がある。
【四肢末梢運動体験】手の開閉、屈伸は疲れるが、潜在意識に活が入るのがよくわかる。他の運動も素速く出来るようになった。細かく、こきざみに四肢をコントロールすることができるようになったと思う。
【共鳴・暗合現象体験】シンクロエックスのカードを使った実験では、心象の風景がかなり細部まで自分と一致した人がいて、驚いた。今までもたまに同じことを同時に考えている人がいたりして驚いたことがあったが、共鳴、暗合現象ということを学び、それが能力として高められることを知り面白いと思った(スタッフ注:シンクロエックスのカードを用いた共鳴訓練は世界特許になっています)。
【閉眼視野の変化】感覚派:ステップ2でやったこの訓練の変化を見て、自分でもおどろいている。ステップ2では、Aは1つしかなかった。ステップ10ではすべてAに変わった。ステップ7の時すでにこの変化は現れている。そのときも今と同じように、視野に今日と同じものが見えていた。
【イメージ感覚訓練の体験】光の環が指を通るとき、何かが通る通る感覚がたしかにある。前回は右の方が敏感だったが、今日は同じようだった。その他の場所も何らかの感覚があった。
【イメージの能力の変化】イメージ能力は初期の頃と比べてよりスムーズになった。特に正面以外の角度からイメージするときなど、なめらかにイメージした物体を動かしたりすることも可能になった。
【体調・元気度変化】SRSを受講し始めたころはちょうど花粉症の時期でとても辛い毎日でしたが、訓練を始めてすぐに症状はなくなりました。気持ちが前向きになったおかげか、その後も心身共に快調です。
【5分間指回し】色数はどの指も7色で同じだが、指によって最も鮮やかな色には違いがあった。各指ごとに別々の体験が浮上した。複数の体験が浮上することも多かった。自分でも、なぜその体験が浮かぶのか理由はわからないが、ひんぱんに登場するものもある。
【観色度変化】30図は最終的に全て色付きで見えるようになりました。図の縁が赤く発光し、中央にひもを結んだような図形がくっきりと見えます。
【閉眼手動変化】4ステップくらいから目を閉じていても、動かしている自分の手が見えるようになった。実際の動きと連動してかなりリアルに見える。この訓練をやった後もけっこうすっきりして気持ちが良い。
【感情・情緒・性格変化】感情はとてもおだやかになり、落ちつきました。
【日常生活・行動の変化】ちょっといい話をなるべくたくさん書きたいと思い、善行を心がけました。そのおかげもあって毎日おだやかに過ごせたのかもしれません。また色々なことに積極的に取り組むようになりました。
【呼吸法体験】呼吸しながらイメージする太陽や月は、最初は周りの景色もシンプルだったが回数を増やすごとに背景が複雑にリアルになっていた。今日の呼吸法の訓練では、呼吸という漢字が息を吸うとともにパンパンにふくらんで、はくとすーッとしぼんでいった。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第454クラスの平均値は、速読の平均は、初速は760字/分で、最終日(10日目)の最後は26388字/分でした。倍率の平均値は36.9倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。