スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法30倍突破体験談(ブログ第253番 454クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したH.T.氏(34歳。男性。初速800→最高26500字。33.1倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<30倍速読突破体験談>
 初回の数値と現在の数値を比べてみると、本講座に参加した意義もあったかと思います。速読の意義を常に持てるようになったことを今度も活かし、さらに努力していきたいと思います。

【前回からの夢変化】一週間の中で夢を見る回数が増えた。
【指回し体操】本講座で初めて体験した。最初は薬指が殆ど回せなかったが、日々続けているうちにだんだん回るようになってきた。実際に身体の活性化に役立っていると思う。
【夢変化総括】ここ数週間での傾向であるが、夢を見る回数が多くなった。
【睡眠変化】短い睡眠時間しか取れないことが多いが、ぐっすり眠れることが多くなったように思う。
【十二脳神経刺激法体験】回数が当初よりも多くできるようになった。リズムに乗ることが大切だと思う。
【四肢末梢運動体験】楽なエクササイズではないが、普段使わない(意識しない)筋肉・神経を意識することで、全身の緊張感を高めることができていると思う。
【共鳴・暗合現象体験】何となくであるが、文脈の先を予測して読めるようになった気がする。
【閉眼視野の変化】感覚派:現状4A2B4Cであり、初期より数値は低下した。但し、Aについてはより鮮明に感覚をとらえられている気がする。
【イメージ感覚訓練の体験】感じる、感じないの点で格段の変化はなかったが、より感度の高い方の手はどちらか、といったことについては、変化がみられた。何に起因しているのか気になるところである。
【イメージの能力の変化】具体的な映像に至るまでの所要時間が短くなった。
【5分間指回し・観色度変化】体調・意識と感度、身体のトータルなコンディションが整っていることが重要であると思った。その時の体調によって、チェックの結果にも差異がみられた。
【閉眼手動変化】手の位置によって、イメージされる(見える)色が都度、異なるようになった。
【感情・情緒・性格変化】本講座に参加すること自体、自分にとって新しい挑戦でした。最近なかなか未知のものにチャレンジすることもなかったので、チャレンジ精神が久々に芽生えたかと思います。
【日常生活・行動の変化】指回し運動と、新聞・雑誌・書籍を読む際に必ず速読で行っています。
【呼吸法体験】呼吸の際にいろいろなイメージを持つことで、心のあり様に変化があった。ゆったりとリラックスした状態になり、物事の受け入れの態勢になる気がする。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第454クラスの平均値は、速読の平均は、初速は760字/分で、最終日(10日目)の最後は26388字/分でした。倍率の平均値は36.9倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。