スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法60倍突破体験談(ブログ第254番 454クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したR.M.氏(34歳。男性。初速600→最高40200字。67.0倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<60倍速読突破体験談>

【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】KWで教えてもらっていることは、過去に実は経験をしてなんとなくできていることだなと思った。寝ておきたら問題が解けていたり、みた瞬間に問題が解けたりするのは、そういえば経験していた。
【指回し体操】集中力と落ちつきがでて来た実感がある。スピーチする前に回してみると思ったより速くしゃべっている自分がいた。
【夢変化総括】夢を見るようになり、夢のイメージがより残っていることが多くなった。
【睡眠変化】短い時間でもよく寝られるようになった。
【十二脳神経刺激法体験】30図の赤と青とはっきりしてきた。右上が赤く、左下にいくほど青く見え、最後の訓練のあとより色がついて見えた。
【四肢末梢運動体験】意志と体がうまくリンクできていないのがわかった。イメージできているときは、体も速く動くけれど、続けるにつれ、それがずれてくる(体が遅れてくる)。
【共鳴・暗合現象体験】内容がわかる文章は体験的も多くやっていて、より文章を理解しやすいものであることがわかった。「ひびく」とは少しの言葉でたくさんわかることかと思う。
【閉眼視野の変化】感覚派:目で見えたものではないが、体が存在しているように見える感じがする。目を閉じた白い世界には何もないが、体を動かすと手足があるように見える。
【イメージ感覚訓練の体験】熱いものを感じた。白い球が触れるとき、初回より熱い気がする。音振動は言葉ごとにしびれる感じがした。初回よりよくわかった。
【イメージの能力の変化】色・形がよりはっきりしてきた。また周りの風景がより具体的にイメージできている。体験したもともあわせて思い出した。
【5分間指回し】過去に体験したことがポッと思い出せた。色・模様はとりとめもなく変化している。
【観色度変化】色付きがよくなっておどろいた。最初はぜんぜん見える気がしなかったが。
【閉眼手動変化】手を回している方向から視界に模様が現れていた。目を閉じているのに手があるのがわかる気がした。
【感情・情緒・性格変化】落ちついて自分の感情を表現できるようになった。
【日常生活・行動の変化】想うことの大切さと実施すること、やることを心がけるようになった。
【呼吸法体験】(青・赤)(太陽・月)、竜巻、雨、いなづま等のイメージと呼吸をリンクして体と意識をあわせる感じがあった。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第454クラスの平均値は、速読の平均は、初速は760字/分で、最終日(10日目)の最後は26388字/分でした。倍率の平均値は36.9倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。