スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法10倍突破体験談(ブログ第264番 454クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したR.S.氏(51歳。女性。初速560→最高10700字。19.1倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<10倍速読突破体験談>

【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】指回しのコツが分かった。いろいろ良い気持ちになった。
【SRSを日常生活・仕事でどう役立てたか】自分が元気に明るくすることによって他も元気で明るくなることが分かったのでそれを、より実践していくこと。少し実践。
【指回し体操】自分では頑張ったかなと思っても、1週間でとびとびの日数だったり、回数は驚くほど少なかったりした。いろいろな資料をおさらいしながら、これからももっとやるようにしたいと思った。
【十二脳神経刺激法体験】1回、1回感想を書きたい方なのでまとめると印象が薄れてしまって困るが、終った現在の目のまわりがすっきりとしている。
【四肢末梢運動体験】足の指の動きにまで訓練があることに驚いた。日頃、くつをはいて(仕事でも)足をかためたまま動きまわっていたので足先にも気を配れる。いい体験と思った。
【共鳴・暗合現象体験】本の内容がわかるということは、書いた人に共鳴するということを知らしていただいたがシンクロ・エックスカードのコピーをいただきそれだけでも共鳴があったことに驚いたが、御本をよんで(共鳴の研究)さらにおどろきが強まった。
【閉眼視野の変化】想像派:1ステップとくらべてずい分変化をとらえられていることに驚いた(←記録を見て)。実感としては余り変わっていないように思っていたので。
【イメージ感覚訓練の体験】1ステップよりいろいろと感じやすくなったことが分かった。左右の指の輪の中を通り抜けるのが面白かった。
【イメージの能力の変化】とても乏しいことが分かる。指回しのとき、指の動いている全体をずい分イメージしていたが、目を開けて見てとても違っていることに気付かされた。想像派→感覚派の流れの意味が分かった。→全人会ニュースを読んだときに、何のことかなと思っていた。
【5分間指回し】これをやると、なぜかいい気持ちにぼうっとなる。
【閉眼手動変化】今日はいちばん手の動いている様子を感じれたと思った。30図は先程は各図のまわりがぼうと赤っぽかったのが、今みたところ薄く青っぽくすっきりした感じ。むしろ色がないのに近いと思った。
【共鳴呼吸法体験】共鳴呼吸法のやり方がよくつかめないことが多かったのではと思ったりしたが、ゆったりと出来た時は気持ちがよかった(気分と体調の両法で)。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第454クラスの平均値は、速読の平均は、初速は760字/分で、最終日(10日目)の最後は26388字/分でした。倍率の平均値は36.9倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。