スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第265番 454クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したY.I.氏(48歳。男性。初速750→最高18800字。25.1倍速読達成)の体験談です(2005年7月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<10倍速読突破体験談>
 速読のことを知り、速読に関する本を何冊か読みましたが、独習で身につけるのは無理だと感じていたので、そろそろ教室に通おうと思っていました。
 たまたま本を買ったときに入っていたSRSの広告でその存在を知り資料を請求しました。費用と場所、時間帯などが一番都合がいいと考えSRSに申し込むことにしました。
 そもそも速読を身につけたいと思った動機は、本屋に行くと本が宇宙のようにたくさんあるのに、今の自分が読めるのは、せいぜい年40冊前後で、読みたい本の数と現実の能力との差にいつももどかしさを感じていたことです。
 日々の生活や仕事で、いろんなメディアから読むことを通して情報や知識を得ることは最も基礎的な作業であるし、また、読書は一番の楽しみでもあります。速読が出来ればいろんな可能性が開けてくるのではないかと思っていました。
 SRSの講習に参加して、まず意外に思ったのは、栗田先生が10回の講習全ておひとりで休憩も取らず、立ちっぱなしで講義されたことでした。また講習の密度が非常に高く、次から次へ休む間もなく様々なことをするので、ついていくのに必死でした。
 毎回11時過ぎまで4時間以上集中力がとぎれることなくやり通せた自分にも少し驚いています。普通なら疲れてもおかしくないのに講習が終わっても全く疲労感がありませんでした。逆にいつもここちよい興奮がありました。集中して真剣にやればかえって疲れないのかもしれません。
 講習の内容で意外だったのは、速読そのものの訓練が少なかったことです(スタッフ注:速読の訓練をするから速読ができるようになるのではないからです。速読能力は結果として得られるものなのです)。想像していたのと全く違っていました。読書には総合的な能力が要求され、あらゆる能力を伸ばすことが必要であるということを認識し、速読を利用して人格を高め、見識を磨くことが重要なのだということを学びました。
 約2ヶ月半の講習中、体調面で変化したことは、ずっと続いていた便秘が解消されたこと。目が疲れなくなり、見え方も少し以前よりクリアになってきたこと。視力も若干良くなっているのではないかと思います。
 心境面では集中力が上がり、自分の可能性を信じることが出来るようになり、あきらめない気持ちが強くなってきたと思います。
 ストレスも肯定的に受け入れ、それを克服してやろうという前向きなとらえ方が出来るようになったと思います。
 また、自分に起きている小さい変化を見逃さず、喜ぶことの大切さを学び、今まで自分にも他人に対してもしてきた切り捨て評価の人生を反省しました。
 いろんな訓練を通じて自分に足りないものもはっきりと自覚できました。心の扉に響く気迫のある言葉をこれでもかとうくらいシャワーのように浴び、とても啓発させられました。
 この2ヶ月半のイベントはとても刺激的な出来事で、今後の人生に良い影響を与えることと確信します。SRSに出会えたことに感謝します。今後も訓練を続け足りない部分を補い、中級にもぜひ挑戦したいと思います。

【前回からの夢変化】1日でたくさんの夢を見ることが多かった。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】3D写真を見るときのように周辺視野を使うと広い範囲で文字が浮きあがって見え、わかるという感覚になるときがある。ただ見え方が一定しないのが残念です。
【指回し体操】最初は中指・薬指が全くといっていいほど動かなかったが、平均値位に出来るようになりました。
【夢変化総括】夢を覚えていることが多くなった。
【睡眠変化】短時間の睡眠でも仕事中眠くなることが減った。
【十二脳神経刺激法体験】体があつくなるような感じで、やったあとは体全体がほぐれてきた。
【四肢末梢運動体験】最初にくらべ、ほとんどすべての数字が上がっています。
【共鳴・暗合現象体験】対人関係で苦手だとかきらいだなと思っていることは、なんとなくわかることがある。
【閉眼視野の変化】感覚派:ステップ1のときはAは全然なく、あまり感じることがなかったのがステップ10では、A,BがほとんどでCが1個だけになった。感覚が鋭くなってきたのがうれしい。
【イメージ感覚訓練の体験】今日の訓練では、はっきりとわかる位の違いがなかった。
【イメージの能力の変化】形だけではなく色の鮮やかなやまわりの環境なども含めて、具体的に描けるように少しなってきた。動きも感じとれるようになった。
【体調・元気度変化】便秘が直り、目が疲れなくなった。あまり落ち込まなくなった。
【5分間指回し】初めはほとんど何も感じられなかったが、だんだん色や模様・奥行などを感じる度合が強くなってきました。
【観色度変化】30図は特に今日は赤が多かったが、今まで感じたことのない黄も見えることがあった。
【閉眼手動変化】手が回っているような感じが見えるようになってきた。色と模様の変動も少し感じる。
【感情・情緒・性格変化】ポジティブな見方ができるようになった。
【日常生活・行動の変化】行動範囲が広がり、興味の対象もふえた。
【共鳴呼吸法体験】目を閉じて訓練することが多かったが、やったあとで目を開くと新鮮にクリアに見えた。心が落ち着いた。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第454クラスの平均値は、速読の平均は、初速は760字/分で、最終日(10日目)の最後は26388字/分でした。倍率の平均値は36.9倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。