FC2ブログ

栗田式SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第325番 433クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したY.T.氏(25歳。女性。初速720→最高15700字。21.8倍速読達成)の体験談です(2004年6月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------
<20倍速読突破体験談>
 速読を学んでいく上で、私が得た大きなものは、パッと思いつくかぎりでは、対人関係での変化、睡眠の質の良さによる疲労感の減少、暗合と思われる出来事の増加、固定観念を破ることの意味、視野(眼力)をいかに今までつかっていなかったかということ、いかに今まで、意識を活性化させていなかったか、ということに気づけたこと、指回しによる心の落ち着きを知れたこと、想起をすることに意味があることを知れたこと、体が心とつながっていると体験できたこと、自分の心のバランスは自分で本当にコントロールできるものなのだと、体験をもって知れたこと、等です。
 とくに、対人関係での変化は、身近な人からその変化をことこまかに伝えてくれる機会を持てたことにより、顕著に知ることができ、自分の中で、とてもマイナスにとらえていた部分がなくなったと思えるほど変化がありとてもうれしくもあり、驚きもあり、すばらしいことだなと思います。
 こうして10倍突破体験を書いているわけですが、私の中に残っているものは、いかに本を多く読めるか、(このことを大きな目的として受講を決意したわけですが)そのことよりも、速読を目的とした過程の中で得た、多種の訓練による日常の変化の方がとても印象深く、受講中はずっと新鮮な毎日を送ることができたという喜びと発見の日々でした。
 もちろん、速読がどういうものかを知ることができ、体験できて得ることができたこともとても大切な一つです。
 周辺視野の広がりにより、運転(車の)に大きな変化があったことはとても忘れ難い、維持していきたい経験でした。これからも周辺視野をせばめることなく生活していくことを心掛けていくつもりです。
 受講中、先生がおっしゃっていた、「速読よりも大事なこと」とは何だろう、と考えることがあります。一度、先生がポロッとおっしゃっていた言葉です。主旨や示唆したかったことは、もしかしたら違うかもしれませんが、私の中で出した(出た)答えは、一番初めに書いたような“速読を学んでいく上で私が得た大きなもの”でした。
 全て(?)は固定観念を破ること、それによる自分の内面の活性化により得れるものがたくさんあるということなのではないかと思いました。暗合に気づけるのも、内面を活性化していないとただ過ぎていく出来事の一つとなってしまうわけで、先生は、「この方は勘違いをされてますね」とおっしゃるようなことを、今、私は書いているのかもしれないのですが(笑)。さまざまな体験、考え方、考え方の変化、内面の変化を知ることができ、体験することができ、経験できたことは私の人生の中で、これらがとても大きな羅針盤になっていってくれるだろうと、なっていくことをずっと維持していきたいと思っています。
 素晴らしい体験ができたこと、講習に通える状況にあったこと、今この講習に出会えたことをとても嬉しく思い、素敵な出会いに恵まれたことをうれしく思います。講習が終了しても、プリントを見返して、意識を高めていくことを維持していきたいと思います。また、何かの機会には、他の講習も受講してみたいと思います。10回休まず通った自分に拍手。指導してくださった栗田先生に「ありがとうございました」です。

【前回からの夢変化】イルカの夢を見たいと思って眠りについたら、南の島でイルカと一緒に泳いだ。夢での変化は初めてだった。びっくりした。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】夢に変化があった。指回しの回数が減っていることの反省。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】気持を落ちつかせるため指回しとイメージ。
【指回し体操】気持を落ちつかせる効果があり、やればできる、と実感できたもの。指が回れば心が回る。やればやるだけ効果がある。
【夢変化総括】××の夢をみたいと思うと、見れるものなんだと知った。私の場合はイルカ。この講習が終わっても意識して夢に対してみたい。
【睡眠変化】睡眠は、あきらかに質がよくなったと思う。少しの時間の睡眠でも翌朝スッキリする。体の疲れも少ない。でも、目をつぶればいつでも眠れる。
【十二脳神経刺激法体験】何かをすると、光の変化を感じられた。初回には感じれなかったことも、だんだん感じれるようになってきた。
【四肢末梢運動体験】指回しをきちんとするとできるようになり、できないようになるのは指回しをしていないからだと思う。
【共鳴・暗合現象体験】暗合はひんぱんに起きているように思われ、携帯を見るとメールが度々入ってくる。知り合い(なつかしい人)に偶然会うことが何回かあった。
【閉眼視野の変化】7A3B0C 感覚派:だんだんできるように、感じるようになってきた。意識することで、いろんな変化を体験できる。
【イメージ感覚訓練の体験】光の環指etcは前半の方がもっと敏感に感じとれていた。眼気は目の動きで変化していく。
【イメージ能力の変化】はじめの頃に比べると、容易にイメージすることができ、色もよくつくようになった。想起することにも関連しているような気がする。
【体調・元気度変化】疲れにくい身体に変った。そのため、気持もおちついていられ、精神的に安定している。疲れ知らずの身体になっている。
【5分間指回し】出てくるときは、色がパッと出てくる。出てこないときは出てこない。模様はフニャフ×2しているかんじ。
【観色度変化】色づく個数が増えた。ます目が細かくなるほど見えづらくなるようだ。
【閉眼手動変化】もっと色の変化を見てみたかった。なかなか色が出てこなかったのが、とても残念。
【感情・情緒・性格変化】対人関係に変化がみられた。相手のことを前よりちゃんと考えるようになった、ように思う。情緒は安定して気分がよい。
【日常生活・行動の変化・役立て】周辺視野を意識して行動することにより、行動がキビンになった。少しの資料にも目を通すようになった。会社で。
【共鳴呼吸法体験】呼吸法をすると、とても気持が落ちつく。回数を重ねるごとに日月の明暗をつけられるようになってきた。心と体がスーッとしていく感覚がある。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第433クラスの平均値は、速読の平均は、初速は710字/分で、最終日(10日目)の最後は20786字/分でした。倍率の平均値は30.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR