スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法30倍突破体験談(ブログ第329番 433クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したR.S.氏(30歳。女性。初速580→最高19700字。34.0倍速読達成)の体験談です(2004年6月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<30倍速読突破体験談>
 速読を学ぼうと決心したきっかけは、資格試験の勉強に役に立てばよいなと考えたからです。実際に2ヶ月半の速読学習を通じて、いろいろな変化があったように感じるのです。
 まずはじめに、夢見の変化ですが、以前はほとんど夢を見たことなどなかった自分が、ほぼ毎日、画像の鮮明な夢をみるようになり、その夢を覚えているということに驚きました。
 それに、より熟睡できるようになり、短時間睡眠でもあまり疲れを感じることがなくなりました。とくに指回しをしてからねむると、とても心地よくねむれることに気づきました。
 指回しは、最初、薬指が動かずに苦労しましたが、練習を続けると5指ともよく回るようになりました。よく回るようになると心がとてもリラックスしてゆくと同時に、集中力が高まっていきました。
 仕事に対しても集中力を持続することができるようになり、効率よく仕事をこなす計画を頭の中でイメージしながら組み立てて実行することができました。前向きに取組めるようになったことはとてもうれしいことです。
 眼球訓練などをこなすうちに、視野が広がりました。周辺視野が広がり、風景が飛びこんでくるようになりました。読書をする時も一度に大きな視野でみて、読む方がとても楽に感じています。
 今までの1行読みというものは、とても疲れる読み方だったのだと思い知らされました。「心で読む」ということが実際の体験を通じて分かってきたように感じます。全身で、潜在意識を働かせる努力を今後も続けていきたいと思います。

【前回からの夢変化】前まで出会った人がたくさん夢に出てくるようになりました。ストーリ性があり、とても鮮明です。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】集中力が高まったように感じます。カンが良いとまわりの人から言われるようになりました。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】大量の情報の中から、重要なポイントをしぼりこむように努めた。
【指回し体操】リラックス効果があり、ものごとに対しての集中力が高まったように感じます。回数が増えるにつれて、夢見の変化もおきました。
【夢変化総括】ほぼ毎日夢を見るようになり、過去の体験や友人たちが出てくるようになった。内容をいつまでも覚えていられるようになった。
【睡眠変化】短時間睡眠でもつかれなくなった。
【十二脳神経刺激法体験】体のすみずみに心くばりをしているような感覚です。体があたたかくなっていきました。目を閉じていると光の変動をかんじます。
【四肢末梢運動体験】体がとてもあたたまっていくのを感じます。体のすみずみに心くばりをしている、というイメージで動かすと、手足が敏感になっていくようです。
【共鳴・暗合現象体験】会社の同僚に毎日占いでラッキーカラーを星座ごとに紹介している番組があり、私がかなりのかくりつでラッキーカラーを身につけていると言われた。なんとなく着たい色をえらんでいるため、とても不思議にかんじる。
【閉眼視野の変化】6A4B0C 想像派:視野の広がり、光の変化、動きをこまかく感じとることができました。
【イメージ感覚訓練の体験】イメージがうまくできるときは、体もとても敏感になっていきました。体全部をつかってイメージをしているようです。
【イメージ能力の変化】訓練を重ねるたびに、より鮮明にイメージが描けるようになりました。
【体調・元気度変化】かたこり、首こりが少なくなり、体調が以前よりもよくなった。体がやわらかくなった。
【5分間指回し】まわす指によって色の出現や模様、奥ゆき感がちがいました。光も明るくなったり、暗くなったり、そこにすいこまれていくような体験をしました。
【観色度変化】最初はなにも みえなかったが、だんだん色づいてみえるようになってきた。歩いている時などに風景が鮮明にみえてきたここと関係があるようだ。
【閉眼手動変化】だんだん手足の動きが敏感になってきたような感じがします。回数もふえて、いきました。
【感情・情緒・性格変化】感情が安定し、何に対しても前向きにとりくめるようになった。
【日常生活・行動の変化・役立て】周辺視野で大きくとらえて、重要なこととそうでないことを分けながら資料を速読するように努めた。以前より記憶の定着力がよく、判断力が上がったような気がする。
【共鳴呼吸法体験】呼吸法をつづけると、体がふわっと浮かんだような感覚があります。リラックスして、心が落ちつくと同時に、やる気のような高揚感を感じました。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第433クラスの平均値は、速読の平均は、初速は710字/分で、最終日(10日目)の最後は20786字/分でした。倍率の平均値は30.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。