スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法10倍突破体験談(ブログ第347番 433クラス)

■以下は、SRS研究所での栗田式SRS速読法の10回講習を受講したK.M.氏(49歳。男性。初速720→最高14000字。19.4倍速読達成)の体験談です(2004年6月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<10倍速読突破体験談>
 速読の講習会へ申し込んだ理由は、仕事に関する文書を短時間で読みこなしたいと思ったからです。仕事に関する文書量が段々と増していき、なるべく短時間で読みこなさないと、書類が溜まり仕事に支障をきたします。
 受講して理解したことは、単純に速く読むということよりも、本来だれもが持っている能力を活性化させるということです。
 物の見方、感じ方、体の機能についての変化を、少しずつですが感じました。特に視野の広がりを実感し、樹木を観察した時に受ける印象が、鮮明になり、意識しなくても、頭の近くに置いた手が見えるかの体験をしました。
 これからも、更に能力を伸ばしていこうと考えています。

【指回し体操】何げない、指回しが、脳や、体の活性に役立ってきたことを体感しました。目を閉じた状態で、色や、空間が体感できた。
【夢変化総括】夢がはっきりしてきた。はっとして起きたことが何回かある。
【睡眠変化】寝つきがよく、よい睡眠が得られるようになった。
【四肢末梢運動体験】あまり動かさない、動きをすることで、変化を感じたことが新鮮であった。
【共鳴・暗合現象体験】9ステップ頃になって、互いに同じことを思っていたという偶然を体験するようになった。
【閉眼視野の変化】4A4B2C 感覚派:ステップを重ねるうちに、光の変化が大きくなり、ステップ5の時は、非常に鮮明であった。普段の訓練を特によくやった時期なのでその関連かもしれない。
【イメージ感覚訓練の体験】イメージしたものが、実際にあるかのように体感し、イメージすることが大きな役割だということを感じた。
【イメージ能力の変化】イメージをすることは、得意であったが、より鮮明になり、使いこなせるようになってきた。
【体調・元気度変化】疲れていても、以前のような疲れとは異なって、体の内部の活力は、あるような気がする。
【5分間指回し】講習会の初期の頃は大きな変動がなかったが、8.9.10ステップでは、色の出現・変化・心象出現を感じ、聞かれている意味がわかり、このことを体感できた。
【閉眼手動変化】頭に近い所での手動に対しての方、強く感じる。ある時、洗髪をしている時、光や、手が見える感じがして、おどろいた。
【感情・情緒・性格変化】ストレスの溜まる毎日ですが、受け流すことができるようになって、前向きに考えられるようになってきた。
【呼吸法体験】落ちつく感じがした。落ちついて物を見る準備ができたように感じた。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第433クラスの平均値は、速読の平均は、初速は710字/分で、最終日(10日目)の最後は20786字/分でした。倍率の平均値は30.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。