スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法30倍突破体験談(ブログ第394番 429クラス)

■以下は、SRS研究所にて、栗田式SRS速読法の10回講習を受講したA.K.氏(20歳。男性。初速1300→最高42400字。32.6倍速読達成)の体験談です(2004年3月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<30倍速読突破体験談>
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】体調が以前より改善した。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】とにかく、文章を見ては速読をするようにした。
【指回し体操】最初の頃はなかなか指を回すことが難しく、自分の体なのにもどかしい思いをした。今は一本一本はかなり動くようになったので、さらに先を見すえて奥の深い指回しを探究していきたい。
【睡眠変化】寝る前に朝のイメージをしておくと、気持ちよく起きられるようになった。
【十二脳神経刺激法体験】普段、必要ないと思ってあまり使わなかった部位、特に「耳」などはほとんど動かなかった。訓練をすると運動系が活発になる気がする。
【四肢末梢運動体験】回を増す度に少しずつ回数が増えてゆき、体が動くようになったのを感じる。
【閉眼視野の変化】10A0B0C *:それぞれの部位がわかる気がするが、どちらかというとイメージに近い気がする。
【イメージ感覚訓練の体験】手で音を感じる事が出来るようになった。「あ」は手全体、「い」は手の指先、「う」は手のひらの辺りで振動を感じた。
【イメージ能力の変化】最初から色付きで物をイメージすることが出来たが、入力を鍛えることにより、さらに細かいところまでしっかりとイメージすることが出来るようになった。
【5分間指回し】指を回すと度に視野に赤→オレンジ→青→紫といった様々な色が出現するようになった。はじめの頃よりも見える色数が増えたので、何らかの変化があったと思われる。
【観色度変化】初回は色などはほとんど見えなかったが、訓練を重ねる度に入力が良くなり色が見えるようになった。
【閉眼手動変化】閉眼手動では光が収束していき、やがて手を動かしているのが見えるようになった。この感覚は自分の手のみならず、周囲の人が手を動かしているのも見えるように感じた。
【呼吸法体験】呼吸とイメージを両方活用することによって、体の奥まで酸素を送り込み、また二酸化炭素をすみずみまで残さず取り出した気がする。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第429クラスの平均値は、速読の平均は、初速は896字/分で、10日目の最後は25890字/分でした。倍率の平均値は27.5倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。