スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法100倍突破体験談(ブログ第407番 429クラ

■以下は、SRS研究所にて、栗田式SRS速読法の10回講習を受講したF.H.氏(32歳。女性。初速1560→最高200780字。128.7倍速読達成)の体験談です(2004年3月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<100倍速読突破体験談>
 「時間をもっと有効に使いたい」「たくさん本を読みたい」そんな気持ちは8年程前の速読ブームのときからありました。
 「虚数の情緒」という本を読み、日本語表記法が地球上の文字文化の中で最も優れているという一節に感動したことが発端となりました。
 Goサインは恥ずかしながらやり場のない怒りへの正当なリベンジをする必要が私にはありました。最大の危機は最大のチャンスであるという経験をしたことで「心の脱皮」ができたのであります。
 眼力社会到来を予測でき、体験できたことによって「仕事」「家庭」の両立が見えてきました。
 性別を超え、誰もがonly oneになり、自由に生活できる可能性をもっているということを悟ることができました。
 訓練や「言霊」が眼にとびこみ、入り、白黒格子が紫→緑→黄に映り、より詳細にImageできるようになりました。 
 「0」:無の体験をもってパラダイムシフトをとげました。
 Image≒「夢」を見ることで、より現実化する能力が高まり、物事を見る角度が多方向に変化することで問題解決能力(説明力)が向上した。心の平安を得、自己コントロール能力が向上したことが原因であります。
 また「文字」は古今東西のCommunication toolであり、この世に生みだした古代シュメール人と古代マヤ人の気の遠くなる作業に感動することから、己の次のステップを見い出すことができました。
 「無」=0体験は「老子」の混沌と無の意味を理解する力「生き抜く力」を私に与えました。たくさんの感動と古今東西の「言霊」と本を書く(翻す)という重労働をされている人々に感謝いたします。
 「智性の共鳴」という概念はすばらしいですね。私の夢に一番近いところにあるけれども、同じ道かどうかはこれから決まると思います。

【前回からの夢変化】少しではありますが、自分の思ったこと、考えたこと、会いたい人にあう夢を見られるようになった。「お魚活性計画」(=潜在意識活性化)はなかなか良い感じであります。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】感情の高まりが沈まり、平静心を常に保つことができるようになってきた。集中力が増し、まわりの景色、風、音、光に感じることがたくさんありとても楽しい。自分がいかに今までの生活で浅い意味しか理解していなかったかということに気づく。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】雑音に耳を傾けることなく、0に戻る大切さ、間違いを即認め、次に進むのがより早くなる。判断力、決断力が向上した。知性で考えることと、直観的に判断することとが根づいた。
【指回し体操】指の密度(センサー)が向上し、触ることによって自分の調子がわかるようになる。指を回すとすなわち、自分の心をかきまわしながらゆっくりと高揚させ、息を吸う、吐くことで、心の広さと深さと鋭さを感じるようになる。
【夢変化総括】眼だけではなく、五感すべてがイメージと肉体がコンビネーションを果たして生み出すものとわかる。心のコントロールができれば、いい夢がみれる。
【睡眠変化】深く短く心地良い。目覚めがさわやかであり、時計が必要ではなくなった。また、朝起きてからしばらくボーとしていないといけないことが多かったがはっきりとしている。
【十二脳神経訓練】いろんな訓練の中で一番、気合を入れないと結果が出ない訓練であります。目をつぶっているので自分の表情もわからないが、より自然なポーズ、自分の一番楽な姿勢がわかった。
【四肢末梢運動体験】これはイメージ力と体の筋肉をつなぎやすくする為の訓練ではないでしょうか。鋭い感性と感覚がよくわかる。視野が広くなる。頭がスッキリするのは空気がよく入るということであろうか(有酸素運動)。
【共鳴・暗合現象体験】毎日あります。
【閉眼視野の変化】10A0B0C 感覚派・イメージ派:振動が目に伝わり眼筋の伸縮によって光が出たり入ったりするように考えている。ボールに目が入るということは、目にゴミが入る、プロテクトが入る。とうことで入ったというように思う。すなわち、イメージから筋肉が動きそれが感覚として伝わる。四肢末梢によってイメージが体に伝わりやすくする為にすると考えている。ことばがイメージとなりダイレクトに五感に働きかける。
【イメージ感覚訓練の体験】手のひらに音がピリピリ刺激されたり、手のまわりでひびいたりする音の感覚。光球の動きは、まるで自分の一部のように感じられる。
【イメージ能力の変化】より鮮明に光影、香り、ゆっくりと速く詳しくしっかり、うぶ毛の一本一本まではっきりとイメージできるようになる。
【体調・元気度変化】とてもよくなりました。肩コリがなくなる。
【5分間指回し】長時間にわたる指回しによる効果は、まず、ムダな力が入らないようにすることで楽に回せるようになった。また、色が美しく変化するようになってきたのは、実は一番最後の薬指・小指あたりです。最初と比べ光が多くなってきました。
【観色度変化】青シフト。自然界の色を実際に感じる。青シフトというより緑青紫が入りまじっている。いろんな色が見えているのが初回。現在でも部分にとって色が異なるが、青色が多いのかな。虹色に見えていることもあり、一定ではなかったが、安定してきた。
【閉眼手動変化】手の動き、色、色の変化が増し、楽しくなってきた。
【感情・情緒・性格変化】何事も受け流せ、安定した精神力(=柔軟さ)が増加した。
【日常生活・行動の変化】偶然が多発し、毎日が楽しくなる。ちょっとしたことだけれども日常生活が楽しくなるのは幸せの証拠であり、心が明るくなることは、とても明るい性格、明るい夢が見れるということにつながってきている。
【呼吸法体験】頭の働き、心のしずまり、心の高揚、すべて「生きている」ということを感じる。一呼吸=息「イキ」というくさいセリフも出現する。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第429クラスの平均値は、速読の平均は、初速は896字/分で、10日目の最後は25890字/分でした。倍率の平均値は27.5倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。