スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第428番 429クラス)

■以下は、SRS研究所にて、栗田式SRS速読法の10回講習を受講したU.U.氏(45歳。女性。初速1000→最高29000字。29.0倍速読達成)の体験談です(2004年3月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<20倍速読突破体験談>
【指回し体操】興味のある指がそのときによって変わってくる。また指の先だけを回していたのが、根本から動くようになり、肘や腕全体が、振動していくのが楽しくなってきた。空気のように軽かったり、ゴムのように重くなったりする。振動の音が聞こえるようになる気がする。
【夢変化総括】夢の中で意見やアドバイスをもらう事がある。あるいは第三者どうしが、説明係と聞く係りになっているのを補佐している事がある。
【十二脳神経訓練】自宅で指の先まで力と気持ちをこめて伸ばすと、手のひらや、指から金色の光が走るような気がして、とても気持ちよい、血流の流れが活発になるせいかもしれないが。
【閉眼視野の変化】10A0B0C 感覚派:以前は目を閉じると見えなくなると考えていたが、まぶたごしに感度は落ちても、見えるはずだ、ともう一つどこかときどき、くっきり映像化できる事があるが、これは、イメージを見てるのか、感覚なのかわからない。
【イメージ感覚訓練の体験】体がこってる部分、たとえば足の冷えや、頭痛がある部分は、感覚が低下しているのを感じる。
【イメージ能力の変化】イメージしたもの、たとえば花の中から、言葉や、気持ちが流れ出してくるようになった。今まで、語りだすことのなかったものが、言葉を使わないで語りかけてくるように思う。
【体調・元気度変化】肩こりは以前に比べずいぶんへった。
【観色度変化】赤系とブルー系の両方が見えるようになった。ふだんの読書や生活でも、赤・黄・ブルーの色の重なり合っている事を感じる事がある。ずいぶん目の見え方は変わるものだなと思う。非常にくっきりするとき、そうでないときの差が大きい。
【呼吸法体験】日の出、日没、月の動きは手のスピードに、イメージ上の空の動きが追いつかない。ただ空だけ追いかけているより、風景や、人の動きや、まるごとの視界で考えると急にイメージが騒がしくなってしまう。が、おもしろい。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第429クラスの平均値は、速読の平均は、初速は896字/分で、10日目の最後は25890字/分でした。倍率の平均値は27.5倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。