スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栗田式SRS速読法10倍突破体験談(ブログ第434番 429クラス)

■以下は、SRS研究所にて、栗田式SRS速読法の10回講習を受講したT.M.氏(57歳。女性。初速770→最高7800字。10.1倍速読達成)の体験談です(2004年3月。講師は栗田昌裕)。
 以下の体験は、単に速読の練習をすればこうなるというものではなく、栗田式SRS能力開発法の種々の独自な訓練の成果の集積によるものと理解してください(下記に並んでいる項目はいずれのSRS能力開発法の独自訓練です。詳細は講習で学んでください)。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

<10倍速読突破体験談>
【指回し体操】自分の現状が普段思っていた自分と違いおどろいた。思っていた以上にひどく悪い状態、頭は回っていない、心も回っていない状態だった。そのことに気づかせてもらった。これからも頑張る。
【夢変化総括】最初はSRSにくる前は夢をぜんぜん見ていなかったが、カラーはないが夢を見るようになった。見たいなあと思って寝た時は見ているように思う。
【睡眠変化】最初からみると目ざめがよくなっている。短い睡眠時間にもなっている。
【十二脳神経訓練】訓練をするほど数字が上がると思う。ただし、その時の自分の感情が大きく左右すると思う。気分のいい時は数字が上る。
【四肢末梢運動体験】手の動きの方がスムーズで気分が良い。
【閉眼視野の変化】8A1B1C 感覚派:動きによって光、明るさが変化している。目をつぶって集中度が大きいほど感じ方が大きい。
【イメージ感覚訓練の体験】先生の言葉を通じてジンジンした感じ。あたたかな感じがある。音は「あ」は指の方に感じる。「い」は手のひらの下方に感じる。「う」は親指と小指に感じる。
【イメージ能力の変化】最初はイメージが出来た時と、できない時、よくわからない時があったが、回を重ねるごとに豊かにはっきりイメージできるようになった。
【30図】最初の頃は黄色が大きく、明るい色だったが、今日は赤色がたくさんあり、大きく見える。四方八方赤色で、鮮明に見える。
【5分間指回し】①指は全体に暗い。②指は全体に明るく赤色系。③指は明るくオレンジ系、4指は青系。⑤指は青とオレンジ系、指によって明るさが違う。
【観色度変化】全体に赤色がパーと目に入る。下部にいくほど黄色系になる。
【感情・情緒・性格変化】もともと自分には情緒不安定な所があると思うが、冷静でいられる日が多くなっている。おだやかでいられる日が多くなった。
【日常生活・行動の変化】日常で仕事で偶然があった。よい偶然。おだやかに仕事が出来る日が多くなり、売り上げが上がったと思う。また、お客様から感謝される事も多くなっている。
【共鳴呼吸法体験】「呼吸」の文字に関する共鳴呼吸法で、吸うと字が大きくふくらんで丸みがあってあたたかい感じがする。吐くと呼の字がしぼんで小さく弱くなる。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第429クラスの平均値は、速読の平均は、初速は896字/分で、10日目の最後は25890字/分でした。倍率の平均値は27.5倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法、栗田式能力開発法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。