スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法40倍突破体験談(ブログ第4番 449クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講したS.H氏(20歳。男性。初速600→最高26000字/分。43.3倍速読達成)の体験談です(2005年3月)。
--------------------------------------------------------------------------
【十倍突破体験談】
 夢をみる回数が増え、色がつき、ストーリー性が強くなったと思う。
 イメージすることと本が速く読め、よく理解できることの関連が納得でき、訓練できたと思う。
 速く読めば読むほど、また次の速さが狙えることで自信がつき、またそうすることで速度を落とした時の理解度は高まっていることを実感できた。

【前回からの夢変化】ストーリー性の強い夢を見続けている。一度何かに追われる夢を見た。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見】速読をしない時の理解力も上がっていると思う。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】ちょっとした時間で本や新聞が読める。
【指回し体操】指回しをよくすると、思い出すこと(想起すること)が一番明らかに発達する。回数も訓練の積み重ねで確実に上がっていき、体調も良くなる。
【夢変化総括】夢の頻度が増し、色がつき、ストーリー性が強い、ドラマチックな夢を見るようになった。
【睡眠変化】寝つき、目覚め共に改善された。
【十二脳神経刺激法体験】刺激する前後で30図がだいぶ違って見える。耳もよく動くようになった。
【四肢末梢運動体験】特に親指をつけたままで足を返す訓練の時に体が言うことを聞かなかったし、その分刺激になっているなと感じた。
【共鳴・暗合現象体験】偶然の一致が起き、そうすることで以前の出来事を思い出すようになった。
【閉眼視野の変化】8A2B0C 想像派:指回しでも特に薬指など、自由のきかない指の時に特に視野変化があった。イメージで視野が変わるように思ったのが多かったけど、目を左右に動かした時なんかは明らかに感覚的なものだった。
【イメージ感覚訓練の体験】以前よりも訓練が進んだことでイメージに対する感覚が鋭敏になっていた。手で音の違いを感じることもでき、手の部分、部分で敏感な所とそうでない所があった。
【イメージ能力の変化】中心のイメージとは別に周辺のイメージが活きたものとなっている。はじめはゆっくりとしか動かせなかった光球も次第に思うように動かせるようになった。
【体調・元気度変化】体調が安定し、体を動かしたくなってきた。疲れを感じなくなった。
【5分間指回し】指回しを続けるにつれ色が順に変化していったものが最後のステップでは全然違っていた。なぜかあまり変化がなかった。
【観色度変化】普段の生活で見られる様々な色のコントラストがはっきりしてきた。
【閉眼手動変化】はじめの頃は背中の手の動き等は感じにくかったけど、訓練を重ね、はっきりとしてきた。
【感情・情緒・性格変化】感情が豊かになったように思える。
【日常生活・行動の変化】前向きに考えられるようになったと思う。
【呼吸法体験】実際の吸う、吐くの動きに連動してイメージも膨らみ、しぼむ。同時に視野の明るさも変わり、気持ちはそれに伴っていく。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第449クラスの平均値は、速読の平均は、初速は797字/分で、最終回は17777字/分でした。倍率の平均値は22.2倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。