スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第56番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講したH.N.氏(19歳。男性。初速1310→最高37000字/分。28.2倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
--------------------------------------------------------------------------

【二十倍突破体験談】
 SRSをすることによって、以前より自分の体について考えるようになった。
 指を回すことで頭がスッキリし、全身の感覚がするどくなり、全身が、様々につながっていることを実感した。それを強く感じ、驚いたのは頭で読まないで、心で、その心は本の上にあり、そこで読むということだ。今まで、自分は体という器の内だけに自分をとどめていたが、心は無限に広がるということを学んだ。
 体験として面白かったことは、偶然の一致の増加だ。SRSを始めたばかりの頃だったが、会いたいと思っている人にとても都合よく会えるということが毎日のようにあった。また、昨日、後輩に英語を教えるのに、自分で適当な英文を作って教えていたら、次の日の模試に、丸々同じ文章が出たそうだ。買い物をしている際にデジャヴを感じたこともあった。
 SRSは今まで疎かにしていた部分を教えてくれた。初回にビルの入り口にあった植物を聞かれた時は、今まで自分が何を見てきたのかを考えさせられた。「周辺視野を使う」という見方を知ることができ、日常生活でも生かすことで、世界の見え方が変わった。
 初めは、目で文字を追うだけという感じだったが、「速めくり」をするあたりから、目から情報が飛びこんでくる感じがいくらかつかめて、感動した。
 このような数々の体験を通じて、初めは半信半疑であったSRSについても理解が深まり(まだ思い込みがあるであろうが)、同じ日常生活が違って見え、生活がとても楽しいものとなった。

【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】時間節約。
【指回し体操】指は全身につながっていた。指を回すことで、思ってもみなかったような体の変化が生まれる。例えば、頭がスッキリしてまとまる。感覚が鋭くなる。
【夢変化総括】前よりも、現実に則したものとなり、起床時に思い出せる内容が増えた。正夢が増えた。
【十二脳神経刺激法体験】面白かった。
【共鳴・暗合現象体験】SRSを始めたころ、「会いたいな」と思っていた人にバッタリ会うことがとても多くなった。適当に作った文が、そのまま後輩のテストに出た。
【閉眼視野の変化】10A0B0C 感覚派:節の動きとかをこうも感じれるもんなんだと思った。
【イメージ感覚訓練の体験】1回目では感じられなかった空気の振動のようなものを、少し手のひらが感じることができるようになった。
【イメージ能力の変化】違いとしては、少し自動的に描けるようになったこと。鮮明になった。今日は、風も香りもよく感じられた。
【5分間指回し】指を回しているだけで視野が様々に変化して面白い。うまく回るところと、回らないところでグループわけできるような視野の変化だった。
【閉眼手動変化】グルングルン、視野で何かが回ります。回ります。
【呼吸法体験】落ちつきます。気分が盛り上がります。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。