スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法10倍突破体験談(ブログ第61番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講した氏(30歳。男性。初速640→最高11600字/分。18.1倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。その成果の一部が速読力の獲得です。
--------------------------------------------------------------------------

【十倍突破体験談】
  いざ本を読んでみるとちゃんと速読を取り入れることができていたり、あるいは何気なく見たものでも思い返してみると覚えているものが多かったりと、確実に変化が起こっているようです。ちゃんと変化したことが事実として確認できるというのはとても嬉しいことであると共に、まだまだ進歩の余地がある事をも感じることができます。
 この体験をしたお陰で今後の自分に期待できる割合が大きくなったことは確かなので、今後も自身で訓練を続けていく事で現状と自らの課題を前向きに捉えて(こうした事が以前よりもできるようになった様に感じています)いけるようにしていこうと思っています。

【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】確実にあらゆるものを速読するようにしている。
【夢変化総括】手が乾いていると指が滑りやすくなり、スピードが遅くなることがわかる。このことも含めて、体調や意識の変動が指の動きに如実に現れることもわかった。今後も続けていくことで、活性化した自分を作り上げていきたいところである。
【夢変化総括】覚醒しているときに考えていたことが、その後いつの間にか眠りについてから夢として現れることが起きた。今後訓練を続けていくと見たい夢を意識して見られるようになるかも知れないと期待している。
【睡眠変化】短い睡眠時間で目が覚めることが、以前は全くなかったものの、ほんの少しではあるができるようにはなった。
【十二脳神経刺激法体験】やっていくにつれ順に体が疲れ、大きく疲れを感じてくる。そしてぐったり…となったように一時的に感じるものの、幾分全て終った後はすっきりした感覚。
【四肢末梢運動体験】もの凄い勢いで、もの凄い分量動かしたようである。お陰で、「ほぐれた」という表現が一番適当だと思われるが。そのような感覚になった。
【イメージ感覚訓練の体験】体に触れたときの感覚、体の中に入ったときの感覚とも前と変わらぬ感覚の捉え方だったように思ったが、記録を見比べると微妙に違いがあったようで、感覚の日毎の変動を認識した。
【5分間指回し】視野の変動がゆっくりしたペースで移り変わっていくのがわかる。一旦、目を開いて次の指にいっても統一した流れがあるように感じるのが不思議だ。
【閉眼手動変化】行う前に眼を開けて見えていた風景が行っている最中にそのままイメージとして動いているように感じる。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。