スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法50倍突破体験談(ブログ第63番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講した氏(26歳。男性。初速770→最高41200字/分。53.5倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。その成果の一部が速読力の獲得です。
--------------------------------------------------------------------------

【五十倍突破体験談】
「速読は『可能性』」
 資格試験突破のため、自分の情報処理能力を高めたいと思い、講習に参加しました。この講習に参加した当初、休まず出席していればそのうち速読できるようになるだろう、程度に軽く考えていました。今思うと先生が速読できるようにしてくれると思っていたのですね(甘すぎですね!)。
 しかし、先生の話を聞いているうちに、そんな甘い考えは見事に砕かれました。そして、せっかく受けるからには、努力して速読をマスターしようと心を入れ替えました。
 これによって、僕は多くの事を学ぶことができました。僕は、最初のうちはNステップでN千字をクリアできていたのですが、6ステップ(光の読書の入口ですね)で5ステップの速度を下回るという壁にぶつかってしまったのです。その時、こういう時こそ「めげず、いじけず、くじけない」と自分に言い聞かせて努力を続けることによって次の7ステップで一気に壁を突破できたのです。
 この体験によって努力の重要性を実感でき、継続することによってますます速読が伸び、それに自信が付いてさらに速読が伸びるというサイクルに乗ることができたのです。
 この体験は、これからの僕の人生の柱の一つになると思います。
 SRSの初回講習でもう一つショッキングだったのが4.5時間におよぶ講習の間に休憩時間が一度もないことでした。そして、それにもかかわらず、帰る時に来た時よりも元気になっていることです。これにより、六心全体を使うことの重要性、共鳴効果を実感することができました。
 僕は、今まで「今日、自分は精一杯勉強したか」どうかの基準がクタクタになったかどうか、だったのですが、六心全体を使いながら勉強するとどんどん元気になることを実感でき、終った後も心が安定していることに気づいて驚きました。
 また、速読を学ぶ上で、クラスメイトの感想や一週間の出来事の記録、全人会ニュースの感想文などを忘れることはできません。これらを読むことによって今の自分の方向性のチェックをしたり、クラスメイトが様々な人生を歩み、でも同じ目標に向かってがんばっていることなどに何度も励まされました。
 そして、感動したり、不思議に思ったりすることが格段に多くなりました。いつも同じだと思っていた駅までの道が、季節や時間によって刻々と表情を変える様子などは、今までなぜ気づかなかったのか、と思う程変化に富んで観えます。
 また気持ちが安定してイライラすることがなくなり、したとしてもすぐ消えてしまうようになりました。
 身体的な面では、まず寝起きがすごく良くなりました(感情かな?)。そして、姿勢が悪くなっている時などにすぐ気づけるようになりました。
 夢に関しては、今まではめったに見なかったのですが、ほぼ全日見るようになりました。内容も、自分が主人公のものばかりだったのが、自分が一度も出てこないものや、登場人物が自分以外は全員マンガのキャラクターなど、今までに見たことのないものを見るようになりました。
 これからもリアクションを大切にして、ちょっといい体験を沢山し、それによって感情を高めてSRSで学んだ事を中期効果、さらには長期効果につなげていきたいと思います。もちろん努力も継続して。
 なんかあまり速読について書かなかった気がしますが、それはたぶん何千字読む、とかがなにか当たり前のような気さえするからです。でもこれって2ヶ月の自分と比べるとすごいことなんですよね。これを努力によってさらに速度・精度ともに上げていくのが本当に楽しみです。ありがとうございました。

【前回からの夢変化】夢見の頻度は先週と変わらず多かったです。鮮明度がアップした気がします。覚えていることが多くなったので。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】小さな事に気づき、感動できるようになった。笑顔が増えた。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】勉強で問題を解く時や復習する時のスピードがかなり上がった。倍速スピードは復習を一日に何度もできるし、記憶にも残りやすい等かなり有用です。
【指回し体操】指回し体操で最初はほとんど回らなかった中指と薬指が努力によって速度がクラス上位になって、努力すれば何でもできることを知った。閉眼視野の変化が体調に大きく影響を受けることなども知っておもしろかった。
【夢変化総括】夢は今まで月に数回見る程度だったが、週4,5回は見るようになった。自分が主人公の内容ばかりだったのが、自分が全くでてこないものを見て起きた時、驚いた。鮮明度が増し、明るい内容が多くなった。
【睡眠変化】時間はほとんど変わらなかった(少しだけ短くなった)が、寝つき・寝起きともにとても良くなった。眠りも深くなった。
【十二脳神経刺激法体験】この訓練はけっこう好きで家でもお風呂でやったりしています。頭がすっきりし、上半身が汗ばむ程で、細かい筋肉の動きが大きく体の作用に影響していることを知り、おもしろかった。
【四肢末梢運動体験】この訓練も好きで家でやってます。運動系が一気に目覚める感覚が気持ち良く、朝、家を出る前にやったりしてます。自分はアゴと舌の運動系が弱いらしくアゴ横に至ってはクラス最低でした。ただ訓練のしがいがあるという意味でもあるのでこれからの変化を楽しみたいです。
【共鳴・暗合現象体験】思わぬ所で知人に会ったり、ここでこの人に会いそうだな、と思っていた人と本当に会って驚いた。友人と「どうしてるかな」と話していた人から、その数時間後に連絡があったりした。クラスでは、左右の速い人につられて自分の速読スピードも思わぬ速度で読めたりした。この共鳴体験はとても興味深く、これからも注意して観てみたいと思う。
【閉眼視野の変化】5A4B1C 感覚派:最初は、たしかに光の変化は分かるけど「見える」という感じは全然ありませんでした。それがステップを重ねるにつれて動きが感覚的に分かるようになり不思議だった、視野の概念が変わった。
【イメージ感覚訓練の体験】光球は左手は風を、右手は重さを感じた。左右の手の平の中心を見るもので、両手ともピリピリッとした感じがした。音振動では右手の方がよく感じたが、「い」の音は同じだった。前回(2ステップ)と比べると感度が上がり、左右差が逆転したものがあった。
【イメージ能力の変化】イメージするのは以前から好きだったが、講習で様々なイメージ法を習い、自分のイメージ能力がかたよったものであることを知ることができた。例えば、横に移動するイメージや4つ以上のものを並列的にイメージするものは苦手であったこと。これらが訓練によって鮮明になって嬉しく、またイメージ訓練をすると頭がすっきりするのを感じることができた。
【5分間指回し】指回しをするとどんどん閉眼視野が明るくなったり、模様が増え、複雑になった。暗化は結局一度もなかった。体の調子がいい時は鮮明な輪が大きくぐるぐる回るのが見えるが、悪い時は全体がボヤ~としていた。色は全指ともよく見えたが、指毎に鮮明な色が異なった。親指に近い程暖色が多く、小指に近い程寒色が多かった。
【閉眼手動変化】最初は何のことか、一番分からなかったのがこれでした。自分なりに閉眼視野の変化(模様など)が楽しめました。
【感情・情緒・性格変化】感情が安定し、イライラしたり、しなくなった。周囲が自分に優しくなった気がする。
【メモ】最後の授業なのに頭がいたかったが、イメージ訓練をしたら頭がすっきりした。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。