スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第64番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講した氏(26歳。女性。初速1360→最高39500字/分。29.0倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。その成果の一部が速読力の獲得です。
--------------------------------------------------------------------------

【二十倍突破体験談】
『めくばり』
 ■1.気づき:
 他の方々もおそらくそうであると思うが、私はSRSに、“速く読むことを習得するために”、ただその目的のためだけに通おうと決心して来た。
 しかし、通いはじめてそれが少し違うのだということに気づいた。今思えばこの気づきの大切さに改めて驚く。
 SRSでは、まず自分をよく知ること、そして生活の中に目を配ること、発見し、喜び、感動することが自分を変化させる重要なきっかけになりうることを知ること、そしてどう変えたいのかについて明確なビジョンと意識を持つことを教えられた。
 次に、小さな変化に目を配る、進歩を喜び、更に目標を立てる…、その積み重ねの上に、大きな変化が現れることを体験していくことになった。
 つまり、自分を変えたいと強く願い、努力することの一つの結果として現れたのが速読の10倍・20倍突破体験なのである。
 ■2,変化:私の場合、次のような順序で、自分の変化を感じた。
 ①夢見、②身体感覚、③対人関係、④暗合、⑤近い将来の予測。
 ①については、ごく最近感じたのだが、何か一つの事柄について、どのように事が運ぶだろうか…と考えて、一定の予測を立ててから取り組むと、ほぼその通りに進み、事前に考えていたために、ほぼ100%良い結果に結びつく、またはより良い選択をなしうる、という体験である。
 このような①~⑤の変化を感じると同時並行的に、読むことへの苦痛・疲労感が激減し、「ながめる→理解する」の間隔が極めて短くなることを感じた。
 ■3,維持、継続:
 SRSで学ぶことのできた、「やればできる、考え方次第で人生は変化するのだ、という体験に裏付けされた確信」と、「素直な手を持つ心」を是非継続した努力によって維持したいと考える。これには、やはり、自分や自分の置かれている環境、そして自分の内的環境に常に「めくばり」をする心を持ちつづけることが大切なのだと思う。
 SRSで学ばせて頂いて、最も私の心に残った大切なことは、この「めくばり」の心である。
 これからの人生、様々なことへ目を配れる人になれるよう努力を続けたい。

【前回からの夢変化】全日夢を見、鮮明度・記憶も明瞭で特に変化なし。先週は現実味のない夢が多かったが、今週は身近な人物の登場が目立った。また、自分の理想や願望が色濃かった。
【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】ますます呼吸法のやり方に応じて自分の心のコントロールが可能になってきた。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】今週は、勉強の面で役立てたことの外に、塾でのアルバイト(講座運営)の時に、受講生に配布するたくさんの資料を組み合わせる仕事をするのだが、視野が拡大し、区別する能力がUPしたために、とても速くこれがこなせた。
【指回し体操】初めは、これが自分の指か!と思う程、思い通りに動かず、焦り、驚き、訓練することの重要性を知りました。訓練をはじめると、ストレッチ体操をする時のように、日々着々と進歩が見え、面白くなり、同時に頭がスッキリしたり疲れを感じることが減っていった。
【夢変化総括】講習の2回目には、もう変化がありありと分かった。以前から夢は見ていたように思うが、記憶が不明瞭だったり、一場面しか記憶していなかったが、色彩が増え、明るく、楽しい、動きや場面変化の多い夢を見、そして記憶も細部までよく覚えているようになった。
【睡眠変化】寝つきが格段に良くなった。以前は布団に入ってから30分~1時間かかったが、今は10分でもう熟睡である。寝起きもとても良い。
【十二脳神経刺激法体験】これを全て終えると、眼を開けた時に、眼に入ってくる光の多さに驚く、とにかく視野が明るい。紙の白・文字の黒、手の血色などがとても色濃く見える。頭がクリアになり、書くスピードも速くなる。
【四肢末梢運動体験】初めて行った時よりも、やっと自分の身体のパーツであると言える程度にコントロールできるようになり、嬉しい。手や足という、毎日動かしている部位がより敏感にすばやく動くことが快い。そして、身体のすばやい動きを訓練すると、不思議と頭がスッキリし、肩のコリが軽くなり、身体全体が軽くなった気がする。
【共鳴・暗合現象体験】教室では、隣の方のページをめくる音に自分のめくる音が合ってきたりするのを感じた。日常では、外国人の方に道を聞かれたり、何かの勧誘に一時に何回も声をかけられたり、突然知らない人と目が合って、ほほ笑みかけられたり、子供が母親とまちがえて私のジャケットの端をつかんだり、買ったお菓子やさんの袋を、同じ日に3人が持っているのをみかけたりした。
【閉眼視野の変化】10A0B0C 感覚派:眼をつぶっているのに、肩や耳が見えるように感じる。とても不思議だが、自然とわき上がってくる。
【イメージ感覚訓練の体験】光のボールが身体にふれると、圧迫感と、温感があり、めり込んで動き回ると、皮ふの内側がムズがゆい感じがする。動きもよく分かり、出る時には、皮ふの内側が引っぱられる感覚もある。胸だけはどうも感じない。声を手のひらで感じることについては、より敏感になったと思う。波動の形もよく分かるようになった。
【イメージ能力の変化】初めのリンゴのイメージ創作から比較すると、イメージの自由度が増したように思う。鮮明度や動き、細部まで観察しイメージすることが可能になっただけでなく、より自由な発想と構図で描けるようになり、また、その時の気温や臭いなども同時に感じられるようになった。
【5分間指回し】回しにくい指の方が、つまり、中指・薬指の方が、視野の変動や色彩の変化が激しくおこるように思う。また、回しやすい親指などの方がイメージや体験が浮上してくるような感じがする。
【閉眼手動変化】訓練の終盤に行う閉眼手動は、その前に比べて格段に視野の奥行きや模様が鮮明になる。又、動きも波のように滑らかになり、色の数が増えるように思う。また、各ステップごとにこれが増すことを感じる。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。