スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法30倍突破体験談(ブログ第66番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講したH.M.氏(30歳。男性。初速840→最高30300字/分。36.1倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。その成果の一部が速読力の獲得です。
--------------------------------------------------------------------------

【三十倍突破体験談】
 私はSRSと速読についてはかなり以前から知っており、先生の本も沢山読んだので大体こういうことかなという程度の予備知識はあった。しかし、本ではどうしてもわからないことがあったので、直接教えを請いたいと思い今回の講義に参加した。
 本の中でも「心」について多く書かれていたが、実際先生の話しを聴いてみて本に書いてある以上の「心」についての考え方の深さが実感できた。目の前にある物すべてが心だという考え方には、特に目からうろこが落ちる思いだった。
 速読の方はどうかというと数字上も自分の実感上もまだまだ上昇している。8~9回目のクラスではそろそろ限界も見えてきたかとも思った。しかし、当初の数の10倍(私の場合は9000字程度)ならば、余裕を感じるようにもなり、その余裕がまた向上心を元気づけてもくれた。
 肉体的変化は特に腕に出てきた気がする。上腕の筋肉がひきしまってきたように感じるのは気のせいかとも思ったが妻にも指摘された。
 一番不思議だったのは暗合だ。思いがけない出会いというものが、講義を受けるようになって多数あった。自分でも信じられないくらいだった。
 日常生活では何事も以前にも増して積極的にとりくむようになった。
 朝は元々苦手だったのに、目覚ましが鳴る前に起きられるようになり、出勤前の朝の1時間がとても長く感じられ、朝から活発になった。仕事ではまだ時間的に余裕があるようなことでも、すぐにとりくむように気持ちが変化してきた。以前は期限ギリギリまでやろうとしなかったのだが。家に帰ってからもやりたいことができるようになった。
 以前はつい酒を飲んでしまい、何もできなかったのだが。今では酒に対する興味もなくなった。冬になってきたせいもあるのだろうが。
 「継続は力なり」という言葉があるが、まさに速読にもあてはまるだろう。
 10回の講義で習ったメソッドを活用して、これからも「目を開いて」いられるようにしたい。

【前回からの進歩、反省、気づき、発見など】新聞のように一行の文字数の少ないものはフレーム読みができた。
【SRSを日常生活・仕事にどう役立てたか】「スーパーリード」することに気をつけて生活してみた。身のまわりの雑多な情報を選択するという行為を認識できた。
【指回し体操】回せば回すほど身体能力が向上し、体内の血流が活発になる感じがした。
【夢変化総括】元来夢をよく見るほうだったが、内容が現実的になったり、有名人がよく出てくるようになったり、色づきがよくなったりした。毎日見るようになった。
【睡眠変化】朝は苦手で何回も目覚ましをかけないと起きられなかったが、目覚ましが鳴る前に起きられるようになった。休日は長く寝るのが楽しみだったが、今は休日も早く起きるようになった。
【十二脳神経刺激法訓練】いつも意識して動かさない部分を動かすのははじめは大変だった。それぞれの動きの最中に視野は様々な色や光が現れては消え、30図を見るたびに違う色に見えた。
【四肢末梢運動体験】左右同時はなかなか左右のバランスがとれず、気が変になりそうな場面もあった。普段使っていない神経回路に電流が流されたような感じがした。
【共鳴・暗合現象体験】講習を受けるようになってすぐに偶然、誰かとバッタリ会うということが頻繁に起きるようになった。しかもとても昔にしか会ったことのない人等、めずらしい人達ばかりだ。共鳴は本当にあるんだなと実感できた。
【閉眼視野の変化】0A10B0C 感覚派。
【イメージ感覚訓練の体験】心臓の場合(光球胸)は、心臓がムズムズして気持ち悪かった。音の振動ははっきりと手で感じられたが、考えれば当然のことだ。空気が振動しているのだから。もしかして電波も感じられるだろうか?
【イメージ能力の変化】何かをイメージする時に、はじめはその物を思い出そうと努力していたが、次第に自然とイメージが湧いてくるようになり、また、勝手に動くようにもなりはじめた。そのうち夢との区別がつきにくくなった。
【5分間指回し】指を回すうちに、色が変化するパターンと、光が変化するパターンの2つがあることがわかった。また自然にいろいろなイメージが湧いてきて夢をみているようだった。
【閉眼手動変化】手を大きく速く動かすことによって、目からはなれた位置にある手も見えるような感じがした。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。