スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法20倍突破体験談(ブログ第76番 442クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法10回講習を受講したY.N.氏(55歳。女性。初速680→最高16400字/分。24.1倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるのです。
--------------------------------------------------------------------------

【十倍突破体験談】
 忙しさにかまけて読書から遠去かっていた時期があって、もう一ど読む楽しみを取り戻したいと再び読書し始めた頃、私は奇妙なことに気付きました。読んでいると耳元で音が聴こえるのです。そのことに気付いたとたん、音はどんどん大声になってきました。遂には完璧に私の読書の邪魔をするようになり、私は苛立って途中で読書を止めることもしばしばでした。
 そんな時SRSの資料を読んで、私に起きている現象が私だけに起きているのではないこと、そして訓練によって誰でも速読は可能だと知りました。
 たまたまテレビで、眺めた風景を家に帰ってからそっくりそのまま写真に撮ったように寸分違わず同じに描くことができる人が紹介されていて、目というものの本来持っている機能ということに興味を持っていたこともあり、是非速読の訓練を受けようと決心しました。
 SRSの訓練は私の予想をはるかに越える気付き体験、驚き体験の連続でした。訓練の一つ一つが私の閉ざされた能力を刺激したり開発したりしてくれていると実感できるものでした。
 初速の書き出しが無惨だった私が、最後は驚異的な理解度に達することができたのは、あの数々の訓練の賜物です。
 速読の訓練を通して私が得た成果。人生を明るく前向きに捉えるようになった。人生全体を大きく捉えることで一瞬一瞬の小さな出来事に一喜一憂せず、大きな流れの中の一断片と感じられるようになった。今まで全く気にかけていなかったひらめきとか予感、偶然の一致などに注意をむけるようになり、人生に生じる様々な現象が以前より面白く、またずばり的中したり、はずれたりという結果を見ることを楽しむようになった。
 新聞などを読む際、興味のあるジャンルだけしか読んでいなかったが、速読を始めてからは、苦手なジャンルも目を通すようになり、心の視野も広がり始めたと感じる。
 色彩が鮮やかに感じられるようになり、周りの風景が美しいと思うようになった。旅行にでも行かないと、風景を眺めるなんて、していなかったんだと気付いた。
 転んで顔にひどい怪我をした時、パーティに出席する為に1週間で直すと決めたら、本当に直った。周りの皆が驚く程の回復力だった。病は気からと言うけれど、私の直すという意思が、私の怪我を直したのだ。
 この時私は、絶対速読できるようになると決めた。それまでは駄目かも…と心配だったのだが、私の人生は私が決めた通りになる、と信じることができた。
 私の中にはスピードに対する恐れとでもいうようなものがあり、スピード違反じゃないかと感じると思わずブレーキをかけてしまうようでした。さらなるスピードに慣れることが今度の課題です。この課題に自信を持って取り組んでいくためにも、ステップ10で迷路で私の目標値をクリアできたこと、速読で10000字越えたことは大きな喜びです。

【指回し体操】すごく苦手だったが、さすがに大分できるようになった。ただ体調によってかなり影響されます。
【夢変化総括】全くと言っていい程夢を見ることはなかったが、少し見るようになった。【睡眠変化】この1週間、朝起きられるようになった。すごい。
【十二脳神経刺激法体験】要領が良くなったのか、硬直していた体の部分が少しづつ動くようになってきたせいなのか、今日は大分スムーズだったし、気持ち良かった。すっきりした。
【四肢末梢運動体験】今日は左右一緒に動かした。私にとっては別々の方がやり易い。そうしても劣っている方にひきずられる気がする。でも途中で気持を切りかえて、優っている方が引き上げているのだと考えることにしたらちょっと楽になった。
【共鳴・暗合現象体験】ふと「そういえばあの人どうしてるのかな」と何気なく思ったりすると、程なく電話がかかってきたり会いに来てくれたり、葉書をくれたりということがよくあるようになった。
【閉眼視野の変化】5A5B0C 感覚派:色の変化は絶えずあるので、体を動かしたからとは必ずしも言えないかなと感じる時がある
【イメージ感覚訓練の体験】前回よりもずっと強く感じるようになった。前回は気がする…といった程度だったが、今回ははっきりと感じることができた。
【イメージ能力の変化】山の四合目にバラの花を想定することに初めは少し抵抗があったのかもしれない。気持を集中させないとイメージがくずれるような感じがあった。
【5分間指回し】指を回し始めるとあふれるように色が出現してくる。濃淡の違いや明暗とりまぜて、目まぐるしく変化し、すごく楽しい。
【閉眼手動変化】何故か目をつぶった瞬間は、色はアイボリーとモスグリーンのみ。淋しい風景だったが、手を動かすにつれ、どんどん色が現れ出てきて最後は遊園地のようだった。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第442クラスの平均値は、速読の平均は、初速は830字/分で、最終回は21003字/分でした。倍率の平均値は26.6倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

srslabo21

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。