スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SRS速読法40倍突破体験談(ブログ第77番 444クラス)

■以下は、栗田式SRS速読法一泊2日講習を受講したT.S.氏(18歳。男性。初速1200→最高58200字/分。48.5倍速読達成)の体験談です(2004年11月)。
 以下の体験は、単に速読の練習をするとこうなるというものではなく、SRS能力開発法の特殊な訓練の成果によるものと理解してください。
 その成果の一部が速読力の獲得という出来事なのです。
 速読力は速読の訓練で得られるのではなく、速読を支える、「速読の向こうの能力」を得ることで得られるものです。
--------------------------------------------------------------------------

【十倍突破体験談】
 私の最初に読めた速読は1200文字でした。
 最初は“光速度”の読書というものがどういうものなのかがわからなかったのですが、途中、なんかが外れたかのようにこれだ!!とういものがわかりました(たしかステップ3くらいだったかな?)。
 理解したらなかなかおもしろいもので、「多く読めば読むほど内容がわかってくる」と栗田先生はいっていましたが、それは本当でした。
 読書で大事なことは、「本を、丸々覚える」というものではなく、「作者が読者に何を伝えたいのか、また、何をいいたいのか」ということを知るものだということを身をもって知りました。本をコピー機のようにそのまま覚えるより、本を要約して、簡単かつ的を得た理解をする方が何百倍もいいと思います[スタッフ注:世の中には本を覚えるために読んでいる人が意外に多いものです。そのような人は理解もしないで覚えようとします。すると、当然ながら、理解もできない上に、さらに当然ながら、記憶もできないで時間ばかり無駄にするのです。本を理解するとはどういうことかが速読訓練を通して体験としてわかり、かつそれができるようになると、記憶も当然残るのです]。
 私は本を読むとき、日曜日など丸々一日使って一冊の本に立ち向かっていました。結果は?途中で眠くなるし、他のこととが何も出来ないでいました。
 しかし、音読でなく“光読”をおぼえた今、朝方一通り読んで他のことをして、また、同じ本を読んで他のこともしてというようなことができると思います。
 これだけ私のパラダイムを変えてくれたものの価値はいったいどのくらいなものなのでしょう?きっと、“世界の見方”が変わると思います。
 今回、速読の講習を受講するかどうか迷わず、行くと決めたことを本当よかったと思っています。
--------------------------------------------------------------------------
■<注意> 第444クラスの平均値は、速読の平均は、初速は842字/分で、最終回は12625字/分でした。倍率の平均値は15.8倍でした。
--------------------------------------------------------------------------
■SRS速読法は過去20年間、全クラスで平均10倍突破をしています。
 以下をクリックすると栗田式SRS速読法を指導しているSRS研究所のHPが見られます。
  SRS研究所(http://srs21.com)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:srslabo21
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。